COVID-19の世界的大流行とそれに伴う対策が心身の

健康に与える影響の国際調査  に対するご協力のお願い

​「

​」

慶應義塾大学医学部倫理委員会 承認番号 20200052  第1.1版(2020年5月16日作成) 

COVID-19ウイルス (新型コロナウイルス) 感染症は、現在、世界的に大流行し、個人、社会、経済に大きな影響を与えています。ウイルス感染症の大流行に関連するストレスは、みなさんの心身の健康に影響を与える可能性があります。

COVID-19の発生によって、世界中の人々の心身の健康にどのような影響が生じているかを評価するために、アメリカやイタリアの研究者が中心となって、国際的な調査を開始し、現在 44か国(2020年5月14日時点)が参加しています。下記のリンクをクリックしてアンケートにご協力ください。

このアンケートは無記名式の調査で、あなたのお名前やご住所などの個人情報をお答えいただくことはありません。

想定される危険性はアンケート回答による時間的あるいは精神的負担、回答時の通信費の負担のみです。

アンケート開始前に同意していただいた場合のみアンケートを回答する画面に進むことができます。

回収されたアンケートは、終了後速やかにイタリアの University of Padua が管理する専用のサーバーに保管されます。回答を控えたい質問には回答しなくてもかまいません。回答にかかる時間は 30 分程度です。ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。〔研究責任者:慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 岸本泰士郎〕

以下のリンクをクリックし、調査にご協力をお願いします。

問い合わせ

当研究室では、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)大流行とそれに伴う社会的な隔離措置等の対応が、心身の健康に与える影響を調べる世界44カ国以上が参加する調査に参加・協力しています。

調査に関するお問い合わせは、件名:COH-FITに関する問い合わせ、として以下の問い合わせフォームからご連絡いただきますようお願いいたします。

Contact

Copyright ©  2018 Integrated Innovation Lab for Psychiatry All Rights Reserved

  • Black Twitter Icon

慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室​

東京都新宿区信濃町35  

T: 03-5363-3492